xo_ox.days/echoes

アクセスカウンタ

zoom RSS であいとめぐり encounter / circulation

<<   作成日時 : 2008/11/10 22:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

■『であいとめぐり encounter / circulation』
日時:2008年9月13日(土)―2009年3月下旬
※2008年12月7日(日)まで投票受付のコンペティション展です。
場所:横浜市みなとみらい4−5−3
みなとみらい駅から横浜市美術館の向こうにあるMORIMOTO社工事現場の囲い壁
http://www.morimoto-real.co.jp/wallart/

今夏、MORIMOTO社・横浜市の共同事業で実施された美術大学ゼミ指名コンペティショ
ン「Wall Art Competition 2008/みらいへの記憶」(ディレクター:椿昇)に、東京造形
大学粟野ミルクラゼミナール有志(行田尚史、小嶋優希)が応じたインスタレーション
絵画です。
みなとみらい大通りに面した立地は季節の移り変わり,一日の移り変わりのなかで変化
する日照による空気の色彩とそのコントラストで変化する影の色や画面への干渉を含
んで成立するインスタレーション絵画ですので、お近くへお越しの際は是非、あなた
がその場に立った時間の状況でご覧ください。
そして、よろしければあなたがそこにいたときの「であいとめぐり」のある風景の写
真を粟野まで送ってください(2MB以上のファイルははじく設定です、ごめんなさい)。

+*+*+*+*+*+
(作品主旨)
私が生きているつかのまの未来、私のこどもの中に生まれる私、数学が証す物理宇宙、
生命の源を操る現代の技術、立ち止まらない社会、善意と幸せの集積、混乱ー。
時空間の振幅・伸縮・変容の中に、人類は希望の兆しを見つけてゆけるのでしょうか。
見つけてゆける、見つけたいと願い、この絵を構想しました。
初秋から冬を越え春に至る季節、あるいは一日のなかでの空気の色の変化と、樹木の
影の形はこの絵の表面であなたの視線とであい、今ここにしかない風景となります。
医療の発達に伴い生命のあり方は遺伝子的、社会的に揺らいでいますが、どんな経緯
であれ、親から子へ託す「命の連鎖」が、私たちの、「みらいへの記憶」への答えで
す。
数多の受難の中に選択を重ね今地球がこの宇宙に存在する奇跡、遠い昔に始まった偶
然に思いを馳せ、その源から描いた進化の木。それに宿る様々な命は、胎内の滋養の
海に浮遊し、その過程で尽きて溶け行く命もあり、生き残った命があなたの姿です。
この絵に干渉する街路樹や通り過ぎる人々の影の映り込みが、絶え間ない変化に彩り
を与え、その瞬間の連鎖は果てしなく未来へ続いてゆきます。

+*+*+*+*+*+

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
であいとめぐり encounter / circulation xo_ox.days/echoes/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる