アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
xo_ox.days/echoes
ブログ紹介
every day I awake/every day I shut sightly reflex. - 毎日目を覚ます/毎日目を閉じる
every day I hear a vox/every day I shut aural resonance. - 毎日声を聞く/毎日耳を閉ざす
It appear/It pass away. - 毎日音連れるもの/毎日去り行くもの
To archive the fragment of memories, collapse and disappearing. - 崩壊し、消滅する記憶の断片をとどめるために。

[ Alternative Sightseeing - 粟野ユミトの新日本紀行 ]
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
Cover image: [ Lucies Wonder Wall ] (C) Yumito Awano. "Lucies" had debut to public in 1999.

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
Kazuki has been appointed D of Ghibli Museum
11.28 公式のご挨拶状届く。 大学の同級生のかづきがジブリ美術館の新館長に就任。 美術館構想の頃、壁画やらショップやら少しお手伝いしながらいっつもジブリはワクワクする空気で膨らんでたものね。 名古屋にジブリパーク構想も! 楽しみ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/29 18:16
light & reflexion
11.26 ミルとクラクラ!鏡の国の揺らぎ遊び@サイエンスアゴラ、終了。 今年は1時間限りの共創テーブルでのサイエンスショウ、とてもミルクラらしいプレゼンテーションになりました。 ミルクラゼミのメンバーも、次々立ち寄る様々な来場者へのインストラクショントークを重ねるうちに、自らもこの現象がなんなのか、少しわかった感じを味わえたのではないかと思います。 ランチの後は各自の研究テーマにつながるブースへと散会しました。 私は「2017光科学シンポジウム・越境する光科学」の会議室へ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/26 13:23
milcra if mirrors @ science agora. 1126
11.26 駅ホームでRedBullグイッといってテレコムセンター向かう。 本日これからサイエンスアゴラ、いよいよ10:15-11:15、テレコムセンター4階のテーブルでアート&サイエンス・ショウ「ミルクラ★鏡の国の不思議」本番。 Curious! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/17 17:34
milcra of mirrors
11.11 久しぶりに教室に集まってのゼミは、11月26日に登壇するサイエンスアゴラでのパフォーマンスでのコンテンツ開発。 11月26日(日)10:15-11:15、テレコムセンター4階のテーブルでアート&サイエンス・ショウ「ミルクラ★鏡の国の不思議」にて。 Curious! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/11 18:16
voice from another shore
11.11 夜半から早朝は物凄い強風が吹き荒れていて、いつもの5時の撮影にでたついでに飛ばされて倒れた植木を救済。 一周忌が近づくこの頃、地上のみんなへのメッセージのような。 来週から、命日を挟む期間、早稲田にできた新しいギャラリー、cue-brickに、みんなが集まる場が立ち上がる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/11 18:04
Salon music
11.10 6時間フルお仕事の後、4時間お仕事片付けて階下に降りたら一階ロビーに椅子並べてグランドピアノやハープ置いて、サロン音楽会。 演奏者も聴衆も芸術マッチョな気負いなく、まさに嗜むとはこのようなスタンスかと育ちの後良さげな気品を感じました。 階下に降りる前に、常松正敏さんの展覧会情報を見ていて、自分はいつフリクションを聴いたのだっけ、など昔のことを思い返しながら出会ったシーンだったので、あ、サロン・ミュージック、と、これもまた80年代の記憶に触れるワードが、ふ、と、降りてきたのでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/11 17:53
Yokohama Triennale
11.5 ヨコハマ・トリエンナーレ「島と星座とガラパゴス」最終日、桜木町からみなとみらい通って横浜市美術館のみでタイムオーバーだったけれど、充実してました。 そして地元の人たち(が多いのでしょうか)、老若男女がこのイベントを創りあげることに参加している姿がオープンに見えていて、語る、語り合うことを大切にして育んできた、その物語の、今日はひとまず最後のページ、という空気感が、清々しく流れていました。 思わず缶バッジ作りワークショップにひとりで参加。 メンバーのおじさんとレイアウトを相談しながら作っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/07 22:05

続きを見る

トップへ

月別リンク

xo_ox.days/echoes/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる